ENTRY

スノーボードがスキー場のパーク文化を発達させた

スノーボードがスキー場のパーク文化を発達させた 今やスキー場に足を運べばスキーよりもスノーボード人口の方が圧倒的に多い状況です。私はスキーヤーですが、スノーボードの経験もあるので、どちらの魅力も分かります。スキーヤーの目線からいうとボードの方が面白い事をどんどん発信していて凄いなと感じます。

元々スケートボードの流れを受けているのでレールやボックスの上に載って滑る、ジブというスタイルやキッカーでの華麗なトリックもそこから来ています。また、スキー場の自然地形や緩斜面を利用して色々な技を繰り出すグラウンドトリック等、新しいアイデアがどんどん出てきています。スキーでも同様に行っていますが、殆どがスノーボードが先行していてそのスタイルをスキーで真似るという形になっているので、これだけ今スキー場でのパーク文化が発達したのはスノーボードのおかげでしょう。

しかし、パーク文化が発達した事で負傷者が増えたり、周りを見ないで行う事で危険な場面に遭遇する事も多くなってきています。そうした事が増えるからといって、排除してしまう事は良くないですが、自分のレベルを把握し、マナーを守って遊ぶ事で色んなスタイルのスキーヤー、ボーダーが楽しめる環境が作られていってくれたらと感じます。